箕面滝と勝尾寺

この前の休みに箕面の滝と勝尾寺に行った。

箕面滝は紅葉が有名でフレンズパックでもプランを組んだりしている。

こんな時期に行く人も少ないだろうと思いながら行ったのだが、結構人がいる。

箕面滝の駐車場がいっぱいだったので、最初に勝尾寺に行った。

こちらの駐車場もいっぱい。

勝尾寺の境内には「勝ちダルマ」がそこかしこに奉納されているのが見られる。

ここには以前に来たことがあるのだが、

その時にもダルマがあったのだろうが、全く思い出さない。

以前は勝尾寺から箕面滝までの東海自然歩道を歩くためにきたのである。

この日もたくさんの方がこのハイキングコースを楽しまれていたのだろう。

ここがどんなコースだったか思い出さない。

覚えているのはサルがいたことと坂道があったような気がする、ということくらい・・

おみくじに買ったダルマ

| ムッチョ | - | 11:29 | comments(0) | trackbacks(0)
おはぎ

もうおさまったが、「おはぎ」がマイブーム。

玉島観光センターの近くに昼ごろには売り切れてしまう美味しいおはぎがあると聞いて

玉島に助勤の時に買って食べてみた。

以前から好きだったわけではない。

母が作るおはぎは大きくてひとつ食べるともうおなかいっぱいになるような大きなおはぎだったのだが、

このおはぎはその半分くらいの大きさで甘すぎもせず、ぺろりと食べれる。

美味しい!はまってしまった。

仕事をしていても、ふっとおはぎが食べたくなる。

「あ~やまとのおはぎが食べたい」と倉敷観光センターでつぶやく。

玉島に行くときにはお昼休みに買って帰り

朝ごはんに食べたり、弁当に持っていったり・・

甘すぎず小さいとはいえ、3個も食べるとちょっと食べ過ぎで2個が適度、

なんてことを思いながら何度も食べていたら飽きてきた。

が、お彼岸だし、昨日は玉島に行ったときにおはぎを買った。

この前、11時過ぎに行ったらもう売り切れていたという話を聞いたので

仕事はじまる前、8時半ごろに行ったらすでに数人が並んでいて、次々と人が来ている。

思わず急ぎ足になり並んで買った。

こんな時間からおはぎを並んで買い求める人が多いことに感動である。

もちろん、今朝もお昼もそして夕食にもおはぎを食べた。

さすがにもういいかな・・という感じ。

ちょっと間を詰めて食べ過ぎてしまった・・

おはぎなんてどこも同じなのかもしれないけれど

玉島に行かれた時には買ってみてください。

遅い時間に行くとお店が閉まっているので、午前中おすすめ。

 

 

 

| ムッチョ | - | 21:46 | comments(0) | trackbacks(0)
忘れ物

最近黒豆茶を煮出して飲んでいる。

ほんのり甘く黒豆を感じておいしい。

これお客様よりいただいたものである。

正確に言うと、酒蔵ツアーのお客様が忘れたお土産である。

忘れたお客様に連絡をして取りに来られることになっていたのだが

面倒だと思われたのか、後日、

「もう添乗員さんにあげるわ~」と電話してこられた。

黒豆茶以外にも種類の違う黒豆ケーキが2箱とごませんべいもある。

こんなにいただいていいのだろうか、と言いながら遠慮なく皆でいただいたのだが、

この黒豆ケーキがとてもおいしい!

期待を上回るおいしさで、お土産お気に入りに入ると評判!

そしてこの黒豆茶。

おいしいお土産を買うのは結構難しいのに、上手に買い物をしているなぁ~と感心する。

お土産買い物上手である。

もし来年の酒蔵ツアーでお会いしたらお礼を言おう。

 

このツアーに限らないのだが、お忘れ物というのは多い。

倉敷観光センターにいると、忘れ物を取りにきた、という方がちょくちょくいらっしゃる。

営業所の方でお預かりをしているので、営業所をご案内する。

酒蔵ツアーの終了のごあいさつの時に、くれぐれも忘れ物をしないようにとしつこく言うのだが

たまに忘れて帰る方がいらっしゃる。

お土産にかったお酒は皆様持って帰られる。

が、お財布の入ったかばんやお酒以外の忘れ物をされる方がいらっしゃったり・・

今年の注目の忘れ物は、集合する前に、最寄りの駅にかばんを忘れてきたというもの。

このツアーはお酒を買ったりするので、帰るときには荷物が多く重くなる。

それを見越してスーツケース(こまのついたカバン)などを用意してこられる方がいらっしゃるのだが、

それを忘れてきたのである。

かばんはちゃんと手元に戻ってきたのですが・・

皆様忘れ物にはご注意くださいね!

 

 

| ムッチョ | - | 08:29 | comments(0) | trackbacks(0)
酒蔵ツアー終了!

今年度の酒蔵ツアーがついに終わった。

昨日が最終回であった。

2月26日には44名様で出発したのだが、今回は27名様。

前回は人数が多くて時間が遅れがちだったのだが、今回はスムーズ。

今回も下村酒造さんも壺坂酒造さんもとても対応がよく試飲もしっかりとさせてくださるので大好評!

下村酒造ではその日発売の「春待ちこがれて」が人気。

ラベルも春らしくてかわいい。

壺坂酒造さんではお酒はもちろんだが、日本酒のシャーベットが人気。

試食をさせてくださって多くの方が購入されていた。

私もお土産に買って帰った。

両蔵ともにしっかりと楽しめた様子で、

こんなの初めて~またここに来たいという声も聞かれるくらい。

 

無事終了することができてなにより。

今回は全蔵初めてのところばかりで様子がわからず

ず~と心配していたので、やっと気持ちが落ち着いた。

 

 

 

 

| ムッチョ | - | 17:59 | comments(0) | trackbacks(0)
お雛様

今日から3月。

今日が卒業式のところも多い。

自分の卒業式では涙もなかったのだが、子供の卒業式では泣けた。

入学式でも泣ける。

あとひと月もすれば桜が咲き入学式である。

お花見ですね・・

とその前にお雛様

お雛様を飾らなくなって久しい。

出すのが面倒でしまうのも面倒なので・・

毎年ひなあられを食べて、白酒を飲んでお雛気分を味わっている。

玉島観光センター近くのダテソースにお雛様飾っていたので見せていただいた。

我が家では見ることがないが、いろんなところでお雛様を楽しませていただいている。

| ムッチョ | - | 09:19 | comments(2) | trackbacks(0)
下村酒蔵と壺坂酒蔵

昨日は酒蔵ツアーで兵庫の下村酒蔵と壺坂酒蔵の添乗に行った。

なんと44名様もいらっしゃる。

下村酒蔵は小さな蔵で一度にお店に入れず3班にわけ交替制にして

他のグループはバスの中で待機してもらった。

うまくできるのかどうかずいぶん前から心配していたのだが

お店の方の対応がよく試飲もしっかりさせていただけたので皆様楽しく過ごしていただけた。

壺坂酒蔵も二人で作っているという小さな蔵。

説明も丁寧にしてくださって試飲もしっかりとさせていただけたのでこちらも皆様満足。

ただお店の方の人数が少なくレジ渋滞で予定よりも出発が遅れたのだが

人数が少ないから仕方ないわ、とお客様。

今回は常連の方、久しぶりの方、それに若い女性の方がいらっしゃったり・・

だんだんと新しい方も増えているのだろうか、と嬉しくなったり。

今回の参加者の中には全5回参加の方が6名いらっしゃって、大吟醸をプレゼント!

ほんとにありがたいことである。

このプランの最後は3/4(土)。

まだ空席ありますよ〜

| ムッチョ | - | 14:35 | comments(0) | trackbacks(0)
ベジタブルブーケと温玉めし

やっぱり001はたくさん申し込みがある。

売り出ししてから順調に増えているようだ。

 

さて明日は437.玉野で楽しむ体験ツアーが出発。

添乗ではなく参加しようと考えたのだが勤務の関係で無理。

ベジタブルブーケ製作というのが面白そう。

出来上がったブーケも料理に使えるし、温玉めしの作り方教えてもらえるし・・

皆様にもう少し早く宣伝すればよかったのだが、なかなか楽しそうだと思うんですよね。

添乗さんにまた感想を聞くことにするか。

 

26日は酒蔵ツアーである。

これは添乗予定。

人数多いし少々緊張する・・

 

| ムッチョ | - | 11:56 | comments(0) | trackbacks(0)
春のトキメキ日帰りプラン

今朝の山陽新聞にフレンズパックのツアー広告が載っている。

おぉ~いいなぁ~と思ったのが001.「豪華ブランド肉食べ放題とひょうたん島クルーズ」である。

徳島すだち牛、阿波ポーク、阿波尾鳥が食べ放題のようなので徳島ということはわかる。

ひょうたん島クルーズなんて初めて聞くなぁ

倉敷ではまだこのプランの受付をしたことはないのでどれだけ申し込みがあるのか実はよくわかっていないのだが

このプラン申し込み多いのでは・・

新しいパンフレットで私が受付したのはリュックや京都を歩くプランや巡拝が多く

一般プランはまだあまり受付していない。

今日は休みなのでわからないが新聞の反響が倉敷でもあるかもしれない。

 

新しくパンフレットができて心惹かれるのは、

肉の写真がおいしそうに映っているプランであるという傾向にある。

春のトキメキ日帰り謝恩プラン、確かに(肉に)ときめく

だんだんと春を感じる今日この頃。

春のお出かけを楽しみましょうね!

 

 

| ムッチョ | - | 18:22 | comments(0) | trackbacks(0)